梶芽衣子

カッコイイ青春スター女優。梶芽衣子
Kaji Meiko
梶芽衣子
人気ランキング

梶芽衣子プロフィール
1947年3月24日生まれ、東京都千代田区神田出身。
1965年、高校卒業と同時に日活に入社。同年に映画『悲しき別れの歌』で本名の太田雅子でデビュー。
1965年の映画『青春前期 青い果実』で主演を果たす。
1969年に出演した映画『日本残侠伝』で監督・マキノ雅弘に芸名を梶 芽衣子と改名される。
1970年の日活映画『野良猫ロックシリーズ』を皮切りに、東映の『銀蝶シリーズ]』と『女囚さそりシリーズ』、東宝の『修羅雪姫シリーズ』など、各社で主演映画が製作されていく。
これらの作品は海外でも人気を呼び、クエンティン・タランティーノは梶の熱狂的ファンと公言。
タランティーノは映画『キル・ビル』で『修羅雪姫』のオマージュをし、梶の歌「修羅の花」と「怨み節」を流している。 1978年には宇崎竜童と組んで2人の主演映画をやりたいという自身のブランのもと製作された『曽根崎心中』では、強い女の情念を演じて新境地を開拓し、国内の主要映画賞を複数受賞した。
テレビドラマではフジテレビ系列の大映ドラマや時代劇・サスペンスドラマに出演し、『鬼平犯科帳シリーズ』では密偵・おまさでレギュラー出演してきた。
歌手としても前述の楽曲を歌い、これらは2000年代以降にCDで次々と復刻発売されている。
2009年6月24日には25年ぶりの新曲「女をやめたい」をリリースし、2011年5月25日には31年ぶりのオリジナル・アルバム「あいつの好きそなブルース」をリリースした。

梶芽衣子メニュー
梶芽衣子画像集
梶芽衣子出演作品

このサイトは著作権等の侵害を目的としたものではありません。
万が一不都合や問合せがある場合こちらまで連絡お願いします。
また、当サイトへのご質問・お問い合わせはこちらまでご連絡下さい。

infocenter.jp
Product Search