Go / Pat Benatar

Go

Artist : Pat Benatar
Publisher : Bel Chiasso
発売日:2003-08-12

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

良かった・・・!

昔付き合った彼女と、20年ぶりに同窓会で再会するとしたら、きっとこんな気分だろう。
多少の老いは目をつぶろう。少しは擦れちゃってても仕方がない。でも、もし、もしもぜんぜん変わっていたら、ぜんぜんダメだったらどうしよう…。
というわけでパットベネターの新作(と言っても2003年リリースだ)を恐々手に取ってみる。
昔だったらCDラジカセだが、今じゃiPodに落としてカフェのソファで聞く時代だ。尤も、このアルバムはiTune Storeじゃ手に入らないし、アートワークも当然ながらない。
そして突然"♪You say you'll always be there but I know you won't...♪♪"。
…パットは少しも変わっていなかった。あの声、歌い方、そしてロック。昔のまんまだ。
もしかして、すこしは年老いたのかもしれない。
そう思って聞いてみたが、瑞々しい声は色褪せていないし、歌に豊かな表情がある。
変な力みや気負いはないし、無理な強がりももう必要ない。そんな自然体の、大人の余裕が感じられる。本物はいつまでも残るのだ。パットはきっと、良い年齢を重ねたに違いない…。
師走の夕暮れの街並を眺めながら、そんな事を思った。コーヒーのうまさが身体に沁みた ―。
というわけで、20年目に同窓会に現れた彼女は、相変わらずとても美しいヒトだった。本当に良かった…!

いい感じ!

久々の新作は、メジャーレーべルではなく、インディペンデントレーベル
からの発売のようです。
前作、前々作と基本的に同じでストレートなロックですが、今回は、いい感じに力が抜けてじっくり聞けるようになっています。
ジョーン・ジェットもそうですが、年齢を重ねても姿勢を変えないというのはとても良いですよね。
それにしてもべネターは声がちっとも昔と変わりません。
あと、インナーブックレットは必見。夫・ニール・ジェラルドと一緒に
面白顔で写っています。これも高ポイント。ぜひ聴いてみてください。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

その他アイテム

Gravitys Rainbow
True Love
5 Classic Albums
プレシャス・タイム
Innamorata
Synchronistic Wanderings
TROPICO / SEVEN THE HARD WAY
Wide Awake in Dreamland
35th Anniversary Concert
Leave the Light on

PROGRESSIVE ROCK プログレ
CLOCKWORK PEACH ROCK